あきたこまち 特徴。 あきたこまちとコシヒカリの違いは?味や特徴をわかりやすく解説!

【秋田県の酒米】秋田酒こまちの特徴から日本酒まで一挙公開!

特徴 あきたこまち

あきたこまちはその特A評価を平成24年から連続して獲得しているため、良食味だということが保証されていると言っても過言ではありません。 玄米も含め何度目かのリピートです。 冷めても美味しい!お弁当やおにぎりに最適 炊きたてはもちろんのこと、冷めても美味しいのが魅力です。

19

秋田の酒米の秘密│秋田の酒大百科│秋田県酒造協同組合

特徴 あきたこまち

誕生エピソード 非常に美味いお米なのに秋田県では栽培できなかった「コシヒカリ」の良さを受け継ぐお米作りを目標に品種開発されました。 長野県産 コシヒカリ 特徴 ・ 粘り・弾力・ツヤ・香りが優れている ・冷めても美味しく食べられる ・日本で一番生産されているお米 コシヒカリは、お米の主成分「アミロース」「アミノペクチン」「たんぱく質」のバランスが良いのが特徴です。 家族に安全なお米を食べさせてあげたいという方にもおすすめですよ。

【秋田県産「あきたこまち」の販売】「あきたこまち」の特徴とは

特徴 あきたこまち

秋田のお米の生産量を歴史的に見ると、100年前はわずか13万トン、50年前は25万トン、戦後30万トン、そして現在60万トンへと飛躍的に増大している。 親以上のつやと粘りの強い個性をもち、秋田で作れる早生化に成功した優秀な子孫である。

2

秋田県産あきたこまち 特徴は?お米をおいしく食べましょう

特徴 あきたこまち

さらに新たに開発されたや等の新興勢力に押され、価格が急激に下がりました。 「あきたこまちはとてもおすすめだとよく聞くけど、どのような特徴があるのだろう。 (糖度3%以上で測定のため参考値). 大粒である「秋田酒こまち」は、高精白が可能で、蒸米に弾力があり表面が乾きにくいことから麹がつくりやすいというのが大きな特徴です。

10

【秋田県の酒米】秋田酒こまちの特徴から日本酒まで一挙公開!

特徴 あきたこまち

隣の岩手県を始め関東や中国、四国、九州地方まで 日本全国で生産されています。 食味が高く評価されており、社内食堂やレストランなどでも多く使用されています。

10

あきたこまちはこんなお米

特徴 あきたこまち

最初の水は吸収されやすくぬか臭がつかないようにすばやく捨てることと まぜるときは、指を立てて混ぜるのがポイントです。

13

あきたこまち

特徴 あきたこまち

おまけにリーズナブルな価格でもあるので、とてもおすすめの逸品ですよ。

13

あきたこまち

特徴 あきたこまち

これは、干拓や開田による作付け面積が増えたばかりでなく、土地の改良や農家の努力による生産性の飛躍的な向上があったからである。

15

「あきたこまち」と「コシヒカリ」の違いとは?分かりやすく解釈

特徴 あきたこまち

どの品種でも玄米や発芽玄米にするとパサつきが気になるものですが、「あきたこまち」はほどよくもちもち食感が残り、ツヤのある炊き上がりになります。