柿 食 えば 鐘 が 鳴る なり 法隆寺 夏目 漱石。 柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺

【日曜版・猫の目博物誌 その25】柿

食 法隆寺 なり 鳴る えば 漱石 夏目 鐘 柿 が

その柿の生産量は、 全国で24万2000トン。 余は其を食ふてゐると彼は更に他の柿をむいてゐる。 二句目にあたるところで切れるため、 「二句切れ」句となります。

16

あすは柿の日。柿食えば 鐘が鳴るなり 東大寺?

食 法隆寺 なり 鳴る えば 漱石 夏目 鐘 柿 が

なぜ、そんなことを言い出すのかというと、漱石はこの句を発表した前年に、やはり鎌倉にある名刹・円覚寺に参禅したことがあったそうです。 日清・日露戦争へ出征。

あすは柿の日。柿食えば 鐘が鳴るなり 東大寺?

食 法隆寺 なり 鳴る えば 漱石 夏目 鐘 柿 が

「奥の細道行脚之図」左が松尾芭蕉、右は河合曾良。 。

17

「柿食へば 鐘が鳴るなり,,,」誰だっけ?|真珠子|note

食 法隆寺 なり 鳴る えば 漱石 夏目 鐘 柿 が

それを奈良で遣い果たす。 子規の俳句には、恋の歌がひとつもないのですが、チャートを見る限りは、そんなにモテなくもないはずなんですが・・・(やはり幼少期からの虚弱体質と、若くして結核に罹患というのが大きいでしょうか)。 余は其を食ふてゐると彼は更に他の柿をむいてゐる。

夭逝の俳人「正岡子規」は、知る人ぞ知る無類の柿好き。

食 法隆寺 なり 鳴る えば 漱石 夏目 鐘 柿 が

古都、奈良を代表する寺であり、 奈良らしさを強調しています。 この句の初出は、 1895年(明治28年)11月8日の 「海南新聞」での掲載です。 *雑俳・三また竹「ねじてみる火鉢の灰のけん長寺」、*洒落本「おごりかけるとちかい中に身上はけん長寺」、*雑俳・柳多留「料理人建長寺だと鍋を見せ」(『日本国語大辞典』小学館) 建長寺の庭を鳥箒(竹箒)で掃いたよう 掃除が行き届いていて、塵一つ落ちていないさま。

5

正岡子規と夏目漱石: 星みるひと

食 法隆寺 なり 鳴る えば 漱石 夏目 鐘 柿 が

子規と漱石の相性を見ると、 太陽同士は風のトライン。

13

徒然なるままに地元の『温故創新』を訪ね歩る記: 「柿喰えば鐘が鳴るなり法隆寺」正岡子規に遺された秘話

食 法隆寺 なり 鳴る えば 漱石 夏目 鐘 柿 が

このころの夏目漱石の句には・・・ 「鐘つけば 銀杏散るなり 建長寺」 (意味:建長寺の鐘をついた。

13

【 近代文学の祖 】病の床にありながらも命の火を燃やし続けた正岡子規の生涯

食 法隆寺 なり 鳴る えば 漱石 夏目 鐘 柿 が

(狂言・鐘の音、俚言集覧)(『日本国語大辞典』小学館) 漱石の句の「建長寺」にこんな意味があることは、これまでだれも指摘していない。 「鐘つけば…」は,それに先立つこと2か月,明治28年9月6日『海南新聞』。 その翌日、結核と診断されました。

12

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

食 法隆寺 なり 鳴る えば 漱石 夏目 鐘 柿 が

對山樓の跡地(日本料理天平倶楽部)には、今でも子規が宿泊した当時からの柿の古木があります。 兄の嫁(亡くなった)に片思い?した体験がベースになっているようですが。 余には此初夜といふのが非常に珍しく面白かったのである。